ホンダCG125のある生活

ホンダCG125のプチ改造についての記録

燃料タンクをぶった切り!

本日、思い切って燃料タンクを切り抜いた。

f:id:gunma_mb:20200211222902j:plain

もう後戻りは出来ません。

成功するか鉄くずが出来るかの二択w

ついでに、以前行ったタンク内の防錆塗装の状態を確認してみた。
見える範囲内では、隙間なく塗装出来ていた。
ただし、塗りムラが結構激しい。

理由は、以前書いた記事の通りです。
※以前の記事は↓

燃料タンク交換(後始末4 防錆塗装) - ホンダCG125のある生活

 

しつこく長時間、傾けを続けない方が良い様だ。

燃料タンクをどう改善するか思案中

以前取り付けた↓こちらのタンク

f:id:gunma_mb:20200209073649j:plain

純正のタンクに戻してから、かなりの期間が経過している。

 

Amazonで購入した激安タンクで、シンプルなデザインが気に入ってる。 

f:id:gunma_mb:20200209082600j:plain

 

↑のタイプと一緒に、もっと安く売られていたのだが、今は見当たらなくなっている。

 

内部が錆ていたりバリが残っているなど、価格相応ではある。

燃料タンク交換(後始末2 錆の確認) - ホンダCG125のある生活

しかし安いからこそ、躊躇せずに塗装や加工に踏み切れるメリットもある。

 

ただし現状では、まだ取り付けに至っていない。

問題1 純正のキャップを使用すると、空気が入らず燃料が送られない。

燃料タンク交換(後始末1 燃料を抜く) - ホンダCG125のある生活

問題2 タンクの幅が狭く、マウントが車体に嵌らない。

燃料タンク交換作業 - ホンダCG125のある生活

これらの問題をクリアしなければならない。 

 

問題1については、商品付属キャップを使えば即解決だが、空気取り入れバルブを自作しチャコールキャニスターと接続して解決を図る事にした。

バルブ作成の作業は順調に進んでいる。

 

問題2については、以前行った強引な対策にしようと思っていたのだが、やはり不安が大きい。

一応の固定は出来ているものの、↓この有様だ。

f:id:gunma_mb:20200209073626j:plain

エンジン回転数の一部(3,000回転前後)で、不快なビビリ音が出る原因とも思える。

 

何より、本来収まるべき場所に、全く当たっていない状態だ。

f:id:gunma_mb:20200209073606j:plain

凹ませた場所で、かろうじて止まっているのみ。

もし走行中に外れでもしたら、目も当てられない事態に陥る。

 

ここは思い切って、タンクのマウント部分を自分で作り直す事にした。


作業しにくい場所なので、果たして上手く作れるのか不安が大きい。

一部切り出してから、自作したマウント部を貼り足すので、ガソリンが漏れてしまう恐れもある。

 

元々安いタンクだし、失敗したらそれはそれで授業料と考える事としよう。

果たしてどうなる事やら・・・

スマホケースを車体色に合わせて塗装

購入したスマホケースはこちら。

私のバイクは、武骨かつ実用重視の改造をしているので、雰囲気が合っていると思い購入してみた。
このケースは、バイクに取り付ける時以外は使わない。

f:id:gunma_mb:20200202211207j:plain

Amazonにて購入

¥1,381(送料無料)

 

f:id:gunma_mb:20200202211143j:plain

車体側と同じ塗料を使用して塗装

f:id:gunma_mb:20200202211126j:plain

バンパープライマーを塗ってから塗装すれば良かったものを、横着して普通のプラサフから塗ったところ、塗装面が荒れてしまった。

 

同色にしてみても、黒いスマホホルダーばかりが目立ってしまう。

f:id:gunma_mb:20200202211110j:plain

それでも一応の一体感はあるだろうと、自分に言い聞かせるw

 

f:id:gunma_mb:20200202211054j:plain

乗車者から見て、角度的には見やすい。

ポジション球のLED化による比較

LED球にしていない状態

f:id:gunma_mb:20200201162102j:plain

LED球のヘッドライトの色の違いが顕著で、非常に暗い。

 

ポジション球のみを点灯した状態

f:id:gunma_mb:20200201162153j:plain

とても明るく、ライト全体が光って見える。

それでいて正面から見ても眩しすぎる事はない。

 

ヘッドライトも点灯した状態

f:id:gunma_mb:20200201162204j:plain

ポジション球との色の差がなくなり良い感じ。

 

明るい日中だと、どうしてもポジション球との光量の差が出てしまう。

(それでも色味が近いので以前よりはマシ)

f:id:gunma_mb:20200202195220j:plain

 光量の差を減らすには、ポジション球をもっと明るくするしかない。

その場合、夜間は対向車が眩しいかも知れない。

どうしても気になるなら、ヘッドライトのLEDを換えるのが現実的選択だろう。

 

日中にポジション球のみの点灯では、かろうじて光っているのが分かる程度

f:id:gunma_mb:20200202195254j:plain

 

ポジション球の交換記事は↓こちら

gunma-mb.hatenablog.com

ライトガードの加工・取り付け

前回、ライトを落としてレンズを割ってしまった為、同じライトを購入してレンズだけ利用する事にした。

ところがライトガード付きの物が安く売られていたので、そちらを購入してガードの追加となった。

 

※元々、同じライトを持っている為、今回使用したのはガードとレンズのみ。

 

f:id:gunma_mb:20200201112204j:plain

 

5本のバーで保護された、ヘビーデューティーな印象

f:id:gunma_mb:20200201112158j:plain

 

私はもっとライトな仕様としたいので、2本残して切り取ってしまう。

f:id:gunma_mb:20200201112146j:plain

3本を切り取ってスッキリ

 

ただし、技術不足から切断面が若干汚くなってしまった。f:id:gunma_mb:20200201112138j:plain

パテ盛りなどで成型すれば綺麗に仕上げられるだろうが、面倒なのでそのまま塗装して誤魔化す。

 

取り付けた状態

f:id:gunma_mb:20200201112114j:plain

近くで見なければ、切断個所の荒れはそれほど目立たない。

 

フロントキャリアと干渉しないか心配したが問題なかった。

f:id:gunma_mb:20200201112103j:plain

3本を取り除き重厚感が消え、私好みのイメージに仕上がって大満足

 

以下、購入商品のレビュー

今回、ライトを購入しようとAmazonにアクセスしたところ、気になる商品が見つかった。

汎用 12V ヘッドライト ガード付 ビンテージ バイク ブラック (タイプ2 クリアーレンズ)¥2,580(送料無料)

前回購入した販売店からも出ていたが、別の所ではもっと安かった。
その価格差、なんと前回購入価格+100円w

 

価格はバラバラなれど、同タイプのガードだけでも1,000~2,000円くらいする。
それが100円プラスで手に入るなら、買わない手はありません。

 

ただしライト本体は、以前購入したガード無しの類似品より若干質が劣ると感じた。
特にライトケースの下部に付いているネジの、メス側の材質が少しだけ貧弱と思う。

 

その他、塗装にムラがあるなど価格相応だが、この価格でアレコレ言うのもどうかと思う。

とにかく低価格で抑えたいのであれば、お勧めできる。
(※購入に当たっては、ソケットの規格にご注意ください)

 

以前行ったヘッドライト交換の記事は↓こちら

gunma-mb.hatenablog.com

フロントキャリアにスマホホルダーを固定

自作したフロントキャリアの、立ち上げ部分が無駄に大きく、何かで使えないものかと考えてみたら、スマホホルダーを取り付けるアイデアが浮かんだ。

しかしそのままではフレームが細く、スマホホルダーの固定が難しい。


そこで、パイプを取り付けて太くする事にした。

f:id:gunma_mb:20200130212940j:plain

5mm厚のゴムシートと、Φ19mmのステンレスパイプを使用する。

 

ゴムシートはパイプの内径+の18mmでくり抜き、中央にΦ6mmの穴を開けた。
フレームを通す為に、カッターで切り込みを入れている。

パイプ長はフレーム幅の60mmから、ゴムシート厚の5mmプラスαを引いた53mmの長さとした。
これも中央に切り込みを入れ、フレームが通る様に広げる。

f:id:gunma_mb:20200130212926j:plain

なお、周囲だけがステンレスのパイプは、縦に切り込みを入れるとステンレスの被覆部分が剥がれてしまう。
塗装せずにそのままだと、錆び錆びになると思う。

 

ゴムシート→パイプ→逆側のゴムシートの順に、フレームにはめ込む。

f:id:gunma_mb:20200130212918j:plain

 

切り込みが下側になる様に回転させ、プライヤーでかしめて完成
一応、回転しにくくなっている。

f:id:gunma_mb:20200130212908j:plain

もしかすると、切れ込み部分は他より軽いので、振動で回転して切り込みが上になるかも知れない。
そうした現象が出たら、切り込み部分に鉛の板オモリを貼り付ける予定

 

太くなったのでスマホホルダーが固定出来る。

使用しているスマホホルダーはこちら↓

f:id:gunma_mb:20200130212859j:plain

試しにスマホをセットしてみたところ、スマホの下側が僅かにメーターに当たり、丁度良い角度になった。

 

もしメーターに当たらずオーバーハングまでするなら、フレームの一段下にも一回り太くしたパイプを取り付ける予定だった。

 

バイク搭載用のスマホケースも新調したので、塗装が終わったら写真を追加でupする。

塗装し装着した様子は↓こちら

gunma-mb.hatenablog.com

ポジション球もLED化

使用したLED球はこちら。

Amazonにて、887円(2,000円以上送料無料)で購入

4個入りとお得だ。

f:id:gunma_mb:20200128202052j:plain

ウィンカーで使用したLED球とデザインが似ている。
サイズはG14(BA9s・T8.5)

 

無極性のようで、何も考えずソケットに差し込むだけで完了

 

ただし私の場合、使用しているヘッドライトが安価な中華製の為、そのままとはいかなかった。

 

私が使用しているライトのポジション球は、ゴムではめているだけ。
ゴムが劣化してボロボロになった為、ポジション球を外した時点でちぎれて再利用出来なくなった。

f:id:gunma_mb:20200128202042j:plain

ソケットにワッシャを接着し固定する案も考えたが、後ろから交換できる方が楽なので、ゴムテープで太くしてはめ込むだけとした。
※写真は一旦取り付けた後に外した為、ゴムテープが変形している。

 

ポジション球を交換して点灯テストは成功した。

しかしハーネスをまとめた後に、ヒューズが切れるトラブル発生

 

そこで念のため、ポジション球のソケット部に手を加えた。

f:id:gunma_mb:20200128202025j:plain

プラス線とソケット(マイナス)が非常に近く、ショートの危険性がある。
(試しにテスターで計りながらグリグリしたが、一応、接触する事はなかった)

 

ソケット付近のプラス線を完全に被覆しておく。

f:id:gunma_mb:20200128202000j:plain

熱収縮チューブで覆うだけの一手間で、安心が得られる。

 

ちなみに私のライトは、ヘッドライトだけをLED化していたので、ポジション球との色の違いが顕著だった。

f:id:gunma_mb:20200128201913j:plain

しかも赤い点線の上部分しかヘッドライトの光が見えず、ポジション球が球切れしてからはライトの半分程度しか光って見えない状態だった。
特に夜間走行では、手前が極端に暗かった。

 

LED化に伴いポジション球が復活し、ライト全体が光って見える様になった。

眩しすぎる事もなく良い感じだ。

夜間走行はまだだが、手前も明るくなるだろう。
(その後、ライトを落としてガラス面が割れたりと、まだ実用に至っていない)

 

点灯して比較した状態は↓こちら

ポジション球のLED化による比較 - ホンダCG125のある生活